2018年01月09日

1月7日描き初め&七草粥

いよいよ寒さも厳しくなってきましたね。
bookaでも断熱のため内壁を張り始めました。

kaki01.jpg

さて、そんな中、新年おめでとう企画
「描き初め七草粥」を1月7日に行いました。
新年の気持ちを、絵やことばでかいたり、
七草粥をみんなでいただきます。
この日は暖かくお天気のいい日でよかった!

kaki02.jpg

11時スタートだったのですが、
12時前になっても誰も来てくれない・・・。
ので、のんびりと家族3人で始めました。
今年はこんな年にしたいな~から、
「電気を大切に」「いくのへや」など
ほぼ看板じゃーん(笑)

kaki19.jpg

そんなところに、河内長野からリピーターの
Iさんが電車でやって来て下さいました!
「今日じゃなかった!?」って
(参加者さんがいなかったので~)
その後、またまた同じ河内長野から
Tご夫妻がやってきてくださり、
描き初め大会らしくなってきました~♪

真剣な表情で筆を持ち、心の声を書き留めます。

kaki04.jpg

床に座って書きたいというリクエストに
お応えして・・・。
たしかに、その方が姿勢が正しくなるのかも。

kaki03.jpg

それにしても、私も含め「筆の怪」・・・
いざ筆で字を書こうとすると、
文字を忘れるぅ~なぜぇ~??
ちなみに、忘れたり間違えた文字の例:「を」「熱」「感」「縁」「初」などなど・・・
丸が九になったり、心を書き忘れたり。ペンの時は、書けてるんですよっ!たぶん・・・(笑)

ひとり静かに集中できるような配置の机があってもよかったかなぁと思ったり。
でも、その描き初めを介してのふれあいもあったなぁ(*^。^*)♪
目の前にいる人へのあえてお手紙のような……。

kaki14.jpg

kaki12.jpg

kaki11.jpg

kaki13.jpg

小学生たちには「今年の目標」は難しかったみたい!?
宿題の「お正月」をしきりに練習していました。
あとは、習いたてのローマ字ね。(笑)

kaki18.jpg

kaki05.jpg

その後、新たに参加してくださる人も増え、
七草粥をいただいたりとほっこりしました。

kaki06.jpg

bookaは、サービスを渡す側と受け取る側と
いうのではなくて、集って下さる人の力で
場ができあがるなぁと改めて感じました。
あたたかな場を作っていただき、ありがとうございます☆

kaki17.jpg

来年は七草粥を炊くところからみんなでしても楽しそう!
新年も、すてきな一年になりますように☆

カオリン
posted by booka at 14:44| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

12月のbookaレポート

あけましておめでとうございます!
今日は、雪が降っています。

さてさて、12月のレポートを新年に書くぞ~(笑)
こんなのんびりペースなbookaを、本年もどうぞよろしくお願いします。

12月は、「あたたかさ」をテーマにしました。
寒い季節だからこそ、あたたかいことをありがたく感じます。

羊毛でフェルトボールや雪だるまを作ったり、木の枝を使って鉛筆づくり、
クリスマスカード作り、椅子づくりなどなど・・・

12colors.jpg

12card.jpg

12zamen.jpg

12felt.jpg

週末は、ロボットや船づくりなどなど・・・

12cut.jpg

2018年は、どんな1年になるかなぁ?
子どもも、おとなも楽しいこといっぱいできて、元気になれるような
bookaでありたいと思っています。
posted by booka at 09:40| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

豆本チョーカー作り

いよいよ冬本番を迎えつつありますね。そんな中、ひとこまワークショップとして「豆本チョーカー作り」を行いました。

mame1.jpg

豆本チョーカーは、ネックレスのように首から下げられる小さな本です。小さいですが、しっかり糸綴じの本になっています。

今回は、初めて製本をされるお2人と一緒に。

mame2.jpg

中身はたあつこ手漉きの和紙なので、柔らかいですが強いです。小さいので比較的作りやすいですが、小さな誤差も目立ってしまうとも言えます。

mame3.jpg

表紙布や見返し用紙(表紙裏の紙)を選んでいただいて、表紙には革に箔押ししたアルファベットを自由に組み合わせてもらって。

お2人とも丁寧に作業されたので、すてきな豆本チョーカーができあがりました!同じ作り方でも雰囲気が違って、その人らしいなあって思います。

mame4.jpg

ストーブで沸かしたお湯でお茶をいただきながら、冬に手仕事は合うなぁと感じた楽しい冬のひとこまワークショップでした。
おつかれさま&ありがとうございました☆
posted by booka at 19:13| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

11月のbookaレポート

あっという間に、秋から冬へ…
寒いのが苦手…
でも夜空は澄んで、
星がよく見えますね~

11月のbookaは秋を感じながら、
工作やお絵かきをしました。

自分で作った椅子をカラフルにペイント!
歌いだしそうな椅子になりました☆

201711-01.jpg

201711-02.jpg

こちらはダンボールコラージュ!

201711-03.jpg

大きな段ボールとカラフルな段ボールを
組み合わせながら何かをつくります。

201711-04.jpg

途中、転がったりもしま~す。

201711-05.jpg

こちらは「木端の町」。

201711-06.jpg

さてさて…実はぶーちゃんとカオリンは、
秋ということで事前に山に入って
色んな木の実、つるに枝、色づいた葉を
用意していました。

201711-07.jpg

「どんぐりや松ぼっくりで工作をしよう!」
って。

Iちゃんは、どんぐりと木の実で
「くっつかない!」って格闘しながら
ステキなものを作りました。

201711-08.jpg

他の子は自分で面白いものを見つけて、
独自に走っていきました……。
我々の計画は見事にやぶれました…(笑)

bookaでは毎回テーマは設けますが、
他の事をしてもOK!
その時の自分の「やってみたい」きもちを
大切にしてほしい!

飛行機を発見したTちゃんは
角材を渡したら、あっさり同じように
作っちゃいました。
(翌朝、登園前にペイントしたそうです)

201711-09.jpg

201711-10.jpg

好奇心の塊Kくんはお城ビンを見つけて、
「これ、ほしい!」っていうから
ビンと紙粘土を渡しました。

201711-11.jpg

そして憧れのねじ回しで飛行機の補修も。

201711-12.jpg

Yちゃんはコンテを発見!
「これってどう使うの?」
試してみたら、顔がぱぁっと輝く。
ちょっとアドバイスしたら、
どんどんのめりこむ。

201711-13.jpg

というわけで、
それぞれがそれぞれの事をする日も
あるよ~(*^。^*)

芸術やものづくりは、
全ての人に開かれた喜びなんだなぁ、
って思っている。
その人その人の数だけ美しいことはあるし、
おもしろいことうれしいこともある。
常に自分に向き合う意識も大事だし、
それに伴う責任を自分で引き受けることも
大事です。

bookaでは「押し付け」ではなく
「したいこと」がいっぱいあふれると
いいなぁと思います。
posted by booka at 12:02| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

紀の川手作り市に参加してきました!

pencil1.jpg

今年も紀の川手作り市に参加してきました!
お足運びいただいたみなさま、
ありがとうございました。

今回はワークショップのみでの参加、
「木の枝色えんぴつ作り」です。

畑の柿と栗の木を切って持ち込みました。
その枝を好きなところで切って、
ハンドドリルで穴を開け、
ナイフでえんぴつの形になるように削ります。
最後に色えんぴつの芯を詰めて、できあがり!

pencil2.jpg

pencil3.jpg

開始直後からずっとお客さまが来てくださって、
終了まで一度も休むことなくという感じでした。
ほんとうに、ありがとうございます!

4歳くらい~小学生と大人の方まで。
通りがかる全ての年代の方が見本の
えんぴつに興味を持ってくださいました。
おそるべし、枝えんぴつ!

pencil4.jpg

そして、みんな鉛筆削りに夢中になりました。
ちゃんとナイフの使い方を説明すれば
4歳の子だってできるんです!
どんなに小さな人でも
「自分でやってみたい!」と言ってくれて、
根気強くあきらめることなく、
自分ができるところまで一生懸命作業してくれて。
正直なところ、驚きました。

pencil51.jpg

pencil6.jpg

ラジオの取材でもお話したのですが、私たちは
「子どもたちにナイフの使い方を教えたい」
という目的は持っていませんでした。
「何でも買える時代に、一から自分でものを
作れる事を体感してほしい」という思いからです。
結果的にはナイフ講座のようになりましたが……。

まだ柔らかな切りたての木とはいえ、
芯に近い部分は、そこそこ硬いです。
自然そのものだから、硬い部分、柔らかい部分、
ゴツゴツしてたり、つるっとしてたり、
乾燥してたり、湿気ていたり、
ヤニが出てきたり節があったり…と。
そんな生き物としての木との対話ができたと思います。

私たちは一方的に知識/技術を伝えるというより、
子どもたちがやってみたい!という中で
自ら色々学べるようなワークショップに
できればと常々思っているので、
今回はそういう意味でよかったと思っています。

pencil7.jpg

でも、ちょっと忙しすぎて、
ちっとも手作り市を回れなかったのは残念……。
他の出店者さんともう少しお話したかったなぁ
(*^_^*)
手作り市を企画、運営して下さっている
スタッフのみなさまにも、感謝です!
ありがとうございました。

カオリン
posted by booka at 21:24| 日記 | 更新情報をチェックする