2018年03月17日

こころのえほんワークショップレポート

春めいてきました~
3月16日、「表現ラボ」をはじめて開きました。
寒さがやわらいだ中の、
少し冬にもどったようなしとしと……
雨の日でした。
今回参加してくださったのは、4名。

「こころのえほん」とは、
普通のストーリーがある絵本作りとは違って
頭で考えず感覚で作っちゃう絵本です。

「なんとなく、いいな~。気になるなぁ~」
というような写真やイラスト、言葉などを
雑誌やチラシなどから切り取ります。
「普段読まない雑誌だからいいかも~」と
いう意見も。なるほど~!
実は今までのワークショップで色んな人からいただいた雑誌が混ざっています。

kokoeho1.jpg

切り取ったものを組み合わせて
ページを作っていきます。
頭で考えません。
なんとな~く作っていきます。

kokoeho2.jpg

このコラージュという手法は、
絵を描くのが苦手な人も入りやすいので、
アートセラピーの世界などでも取り入れられています。

わざわざページのある絵本にしたのは
「いろんな感じ」が作れるから。
あるページは静かな感じ。
他のページは、カラフルでにぎやかとか。
人には、いろんな側面があると思うので、
それぞれのページを作ることで
それが出やすくなったらと。

kokoeho3.jpg

おしゃべりをしながら、時には集中して静かに・・・

kokoeho4.jpg

ゆっくり作るのもいいのですが、
考えすぎちゃったりするので、
あえて短めの時間にしています。
「時間がないから考えてる暇がなくて、
直感で選ぶのがいい」と言う参加者さんも。
様子を見ながら、1時間ほど制作してから、
分かち合いの時間を持ちました。

kokoeho6.jpg

kokoeho5.jpg

それぞれがバラバラで、本当におもしろい☆
自分の表現を言葉でも説明できる人と、
何となくこうなりましたーって人と。

kokoeho7.jpg

言葉にできる人は
一度自分の状態を頭で言語化してから、
どう表現していくか構成していく感じでした。

が、後日その人からのメールで
「でも、本当に言葉で説明した通りかな?
と思えてきた。深層心理は分からないかも」
なるほど、日常生活ではぼんやり理由なく
感覚で選ぶという機会は意外と少なく、
コミュニケーションも頭で言語化することの
方が多いのでしょうね。
体で感じる感覚より、考えたことを優先する。
そういう情報社会で生きているということなのかもしれません。

説明が難しい人は、
本当に何も考えず選んだらこうなった
という感じです。
「自分が作ったのではないみたい!
だけど、気に入った!」と。
貼っているうちに、勝手に手が動き、
勝手にテーマが生まれている人もいます。

私個人の感想としては……
以前から知っている方でも今回のえほんでは
言語で出会う時とは違う感じがありました。
「表現しよう」って出てきた表現ではなく、
にじみ出てくる「その人」。
普段言葉での対話に頼りがちだけど、
案外言葉だけで表現できることは
限られているのかもしれないなぁ。
頭優先ではなく、五感を開く。

ワークショップ後は、みんなで持ち寄りお昼ごはん。

kokoeho8.jpg

今日お誕生日の方もいらしたので、
みんなでお祝いしました。
これからの「表現ラボ」が
私自身もとても楽しみです!

カオリン
posted by booka at 21:14| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

めぐみと森のようちえん「アートの日」2月レポート

2月28日にめぐみと森のようちえん
「アートの日」に行ってきました。
ぶーちゃんとカオリン2人そろってははじめて。

テーマを決めて準備した前回とは違って、
今回は一部屋をアトリエのようにして、
材料を色々置いて、
私たちがその時作りたいものを作っていて
子どもが入りたくなったら参加してもらうって感じにしてみました。

2-2.jpg

まんまプレイスさんの押入れに眠っていた
いろんな材料たち。
端っこが色変わりつつある画用紙とか。
なぜか大量の割り箸に毛糸たち。

それで、こんな事になりました!

2-3.jpg

ぐるぐる~ってしたくなって、
ぐるぐるしながら、毛糸をあちこちに。
部屋の中だけど、ちょっぴりジャングルみたい。

2-5.jpg

電車好きのともくんがケーブルカーだ~電車だ~って。
工作好きのぶーちゃんが作ってくれたり。
みんなでも作ってみたり。

2-4.jpg

最後に朝の会の話を少し。
いつも、めぐみと森のようちえんでは、
手遊び歌を歌ってからぽぽさんが
絵本を読んでくれるのですが、
今日の絵本はおもしろかったなぁ~。
「はんたいえほん」
はやいーおそい・たかいーひくいなど…
みんなでひとしきり突っ込みながら、
読み終える寸前・・・最後の見返しが…!
気になったら読んでみてね。(笑)

2-1.jpg

あともう一冊(題名をわすれました…)を、
ともくんが「うしろのページから読んで」と。
それが何というかぴったりだったんです。
何にぴったりって分からないんだけど。
海で泳いでいたイワシが捕まって、
男の子に食べられるまでのお話なんですが。
ともくんの感覚っていうか、直感っていうか
それにほれちゃったカオリンでした。

posted by booka at 16:14| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

2月子どもbookaレポート

今年は、寒い寒い冬でしたね。
風邪でみんながおやすみの日もあり、
今月は2回 bookaの日がありました。

ようちえんチームは、前々から取り組んでいるイスを仕上げました。bookaアトリエにもある、みんな憧れの収納付きイス。

自分で切った木材をいよいよ組み立てます。

ta1.jpg

先が見えない時は、集中できなくても・・・
組み立て始めたら、見えてきた!
完成が近づくにつれてテンションもあがる!
自分のイスだから細部も手は抜きません。

ko1.jpg

ta2.jpg

回は変わって今日は色塗り。

木のままの色を生かそうかなぁ?
虹色にしよう!
などなど、それぞれ考えつつ・・・
好きな色を選んで順番に塗っていきます。

ko2.jpg

ta3.jpg

途中休憩は大いに脱線!
手を洗ったついでに、毛糸もお湯につけて、
びしゃびしゃ~!もう外へ出ても寒くないしね!
大幅に時間を使った後はラストスパート!
結果、残り20分でほとんど仕上げました!

ko3.jpg

カラフルなイスと笑顔!
全4回くらい・・・根気強くがんばったね☆
初の大作に自信をもってくれた感じです!
posted by booka at 15:25| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

「貸し切り」ワークショップ

bookaではお客様のご要望で「貸し切り」の
ワークショップを開くことが多々あります。

sara2-1.jpg

今日もそのような日で「木のパン皿作り」
ワークをグループで行いました。
このワークは1月に実施しましたが、
スケジュールが合わない方から
「仲間を集めるので平日に実施して欲しい」
とお願いされたものです。

sara2-2.jpg

こちらとしては参加人数がどうなるかなどの
不確定要素が少ないので実施し易いです。
皆さんもお知り合いなので、
今回も和やかな会になり、
あっと言う間の3時間でした。

sara2-3.jpg

今回はグループで受けていただきましたが、
「貸し切り」のワークショップのご要望は
実施できる可能性は高いです。

ただ「ポスト作りのワークをして欲しい!」
みたいな感じにオープンなワークショップの
ご要望も受け付けております。
お気軽にご連絡くださいね。
よろしくお願いします。
posted by booka at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

ジャムスプーン作りレポート

今月のひとこまワークショップは
ジャムスプーン作り。
インフルエンザの影響もありまして
参加はカオリン含めて3名。
jam6.jpg

比較的短時間でできるワークなので、
2本以上は作りたい。
1本目って失敗することも多いですが、
慣れてきたらバンバンいける。
そんなワークをイメージしていました。

まずは材料選び。
クルミ、クリ、チェリー、ナラ……。
10種類以上の広葉樹を用意しました。
jam2.jpg

糸鋸で大まかにカットします。
ナイフ削りだけでも制作可能ですが、
ある程度切っておくと後の工程が楽になり、
制作スピードも上がります。
jam3.jpg

ただ……糸鋸のカットが少々難しく、
必要以上に細くなってしまった例が続出!
本番は2本目からでしょうか……。

内側のカーブはベルトサンダーで整形。
jam4.jpg

仕上げにクルミ油を塗って完成です!
しっとりとした光沢になります。
jam5.jpg

みなさんには2本作っていただきましたが、
終了時間はかなりオーバーしました……。
jam1.jpg

時の経過を忘れるほど没頭できるワークで
もっと時間をとって実施してみても
面白いのではと思います。
お疲れ様でした。
posted by booka at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする