2018年04月16日

表現ラボ「名刺作り~あなたの肩書きなんですか?~」レポート

4月13日、表現ラボ「名刺作り~あなたの肩書き何ですか?~」を開きました。
参加者は、カオリン、ぶーちゃんも入れて4人。

名刺作りと言っても、デザインするのは肩書きの方。
肩書きを見つめなおすというのは、今の自分をふりかえるということでは?
と思い、まずは30項目ほどある質問シートを作成し、記入していただきました。

meishi1.jpg

20分と短時間にしたのは、ぴぴっと直感で書いた方がいいと思ったから。
写真にはないのですが、アトリエの中でも、ひとりずつ離れてそれぞれ気に入った場所で集中して。
外にイスを持って行って書かれる方も。短時間だし、みんな真剣です!

好きな色など比較的答えやすいものから、
他人より少しこだわりがあることは?他人によく頼まれることは?
などなど・・・記入していただき、その後それを元に、みんなでお話します。

初めて出会う人もいる場所で、どんなお話になるか?
そもそも、そんな突っ込んだ話はできるのか?
心配は見事に裏切られ、ひとりひとり内容の濃いお話になりました。
meishi4.jpg

だから・・・という言い訳(笑)
12時修了の予定が、お昼ごはんはさみ、16時ごろまで続きました。
途中何度も場をファシリテートする身をしては迷いましたが、
みなさんとの話がおもしろすぎて、この宝物のような時間は切るのももったいないと思い、
参加者さんの意思もお聞きしつつ・・・結果、こうなりました!
この表現ラボ、みんなの実験の場という意識もあります。
とはいえ、実験時間の読みが甘かったと反省~(笑)
でも、参加してくださった方々が、楽しかった!とおっしゃって下さっているので、
きっとよかったはず☆(開き直り~)
ワークショップは生もの!その場で集ったメンバーによって全く違う時間になるのでしょうね。

ひとりずつお話を聴いて、ちょこちょこ質問したりしつつ。
ふりかえりシートに書く時点で自分ではある程度振り返ってはいるはずだけど、
やはり人に話をきいてもらいながらというのは気付きが多いですね。
しかも、一度に3人の人が聴いてくれる。

自分では、どう表現したらいいか分からない。
そこを人が見てくれて意見をくれる。
聴いてくれている間に、それぞれの感受性でその人の一番印象的な
部分が浮き彫りになるのかなと思いました。


結果、自分の名刺を作る予定→自分以外の人の名刺をそれぞれ作るに変更。(笑)
meishi5.jpg

そう!自分で認識している自分だけじゃ見えない「肩書き」を人からプレゼントされるのです☆

meishi6.jpg
今回、デザインは凝らなくてもいいかな~って声かけはしてありますが、
シンプルながら、それぞれ色や質感の違う紙。切り取り方やイラスト入りなど
もうそれぞれなんですよ~

ちなみに、私たあつこのいただいた肩書きは、こんな感じ。
・表現⇔セラピー⇔社会 紀ノ川の流れのように
・生活美術作家 ~恋のWSやります。話ききます。~
・コイビト
思わず、「え?どういうこと!?」ってたずねたくなる肩書きたち。
すばらしい!あったかいプレゼントをもらった気分☆

今回参加者のひとりとしても、勇気をもらった気がしました。
長所も短所もありつつ・・・自分で行くしかないな!って覚悟のようなもの?が生まれたような。
いただいた名刺を参考に、自分の新しい名刺を作りたくなってきました。
他の参加者さんのお話も聴かせていただいて、「何か一緒にしたい!」ってことも生まれてきています。
みんなバラバラでええな~としみじみ感じた時間でした。
参加者のみなさま、ありがとう!!

この名刺作り、今後も時々してみたいです。

カオリン
posted by booka at 21:21| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

3月子どもbookaレポート

3月に入って随分と暖かくなりました!
アトリエでの作業が快適になりました。
この冬の寒さは本当に厳しかったですね~。

今月は影絵人形作りとグルグルお絵描き。
あと1日は自由の日にしました。

1803-01.jpg

影絵は作るだけじゃなく、演じるのも楽しい!
ヘビとドラゴンが戦っています。
自分のイメージを形にするって楽しいですね☆

1803-02.jpg

こちらはダンボールの部屋!
休みたいときに寝そべる場所を作りたい!
と、ひとりで自ら作ってくれました。
こちらはガムテープ切りを手伝うくらい。
子どもの「こうしたい!」っていう
強い気持ちが体の中から湧き出てくる時って
本当にキラキラした顔をしています。
少々困難にぶつかってもあきらめない。
すごいなぁって思います。
最後は、「みんなで寝転びたいねん!」

1803-04.jpg

1803-15.jpg

グルグルお絵描き。勢いで描き進めます。
クレヨンから水彩に移行したら、
やはり色水遊びに発展しました!

1803-06.jpg

こちらは自由制作の日に、色混ぜ実験。
予想が外れることも多く、なかなか充実!

1803-17.jpg

最後には庭で見つけたガラクタにペイント。
夢中で自分のイメージを形にしていきます。
合間合間に「ここはこうなんだ!」と。
一生懸命完全に1色に塗りきって、大満足!


自分の「やりたい!」をやり切って初めて
「自分」というものを獲得していきます。
声掛けも多少しますが、
大人は見守りに徹するくらいがいいですね。

1803-08.jpg

暖かくなった分、花の蜜を吸ってみたり、
何か拾ってきたりするなど、脱線して
屋外で遊ぶ時間も増えてきました。

そんな時間もbookaでは大切に思っています。
かえって制作への短期集中力がすごかったり、
興味あるものを自ら見つけてきてくれます。
いい雰囲気になってきたな~と思います。
春はいいですね。
posted by booka at 15:12| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

「5弦カンテレ作り」レポート

今日は楽器製作ワークショップの1回目。
フィンランドの民族楽器「カンテレ」です。
弦が少ないためか、気軽に弾ける楽器です。

kantele1.jpg

参加者は直前のキャンセルもあって1名。
今回はマンツーマンとなりました。

今回のワークは楽器ということもあって
「自分で作る!」ことにはこだわらず、
精度や完成度を高めることを重視しました。

ですので、材料は大方正確にカットされ、
プラモデルのように組んでいく流れです。

kantele2.jpg

kantele3.jpg

ただ折角なので、サウンドホールの形状は
各自で決めていただくことにしました。
(ガイドを基にドリルで穴を開けます)

kantele6.jpg

kantele4.jpg

1コマワークショップといいながら、
午前中3時間、午後3時間掛けました。
時間的に余裕があったとはいえませんが、
なかなかな仕上がりになりました!

kantele5.jpg

製作手順に改善すべき点は多々ありますが、
ワークショップとしては面白いですね。
これからもちょいちょい実施していきます。
スケジュールなどのご相談にも乗りますので、リクエストがございましたらお知らせ下さい!
posted by booka at 21:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

3月おやこでお絵描きレポート

初めて開きました「おやこでお絵かき!」。

親子のお絵かきですが、
「どうしていいのか分からない」とか
「家では汚れるから~」といった
親御さんの声をよく聞きます。

そこで
「こんな風に子どもと絵を描いてるよ~」
と紹介できたらと「おやこでお絵描き!」を
はじめることにしました。

oyako3-4.jpg

今回は「グルグルお絵かき」。
参加は1組の親子で、お母さん、お兄ちゃん
(5歳)、妹さん(2歳)の3人。
2人とも初めモジモジ照れていましたね。

oyako3-5.jpg

このクレヨンを使ったグルグルお絵かきは
大人も子どもものびのび描きやすい!
それに紙の上で対話もできる~♪
クレヨン同士が出会って「おっとぶつかった!
こんにちは~☆」

oyako3-6.jpg

今回は余裕があったので絵の具にも挑戦!
歯ブラシで描いてみよう~、
棒でスタンプしてみたらどうなるかな?
この色とこの色混ぜてみたい!
どんどん色んな方法を編み出していく~☆
子どもって遊びの天才です!
子どもも大人も、みんな笑顔になりました。

この企画、親子で絵に向き合うことで、
楽しいコミュニケーションができます。
子どもがのびのび自分を表現することを
目の当たりにするだけでなく、
大人も子どものパワーに引っ張られ、
自分の中の眠っていた「子ども」が
目を覚ます・・・♪
とにかく楽しいです☆

これからもこの「おやこでお絵かき!」は
月に1回ペースでやっていこうかな。
さあ次回は何をやろうかな?
ご興味ある方はよろしくね。
posted by booka at 15:24| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

こころのえほんワークショップレポート

春めいてきました~
3月16日、「表現ラボ」をはじめて開きました。
寒さがやわらいだ中の、
少し冬にもどったようなしとしと……
雨の日でした。
今回参加してくださったのは、4名。

「こころのえほん」とは、
普通のストーリーがある絵本作りとは違って
頭で考えず感覚で作っちゃう絵本です。

「なんとなく、いいな~。気になるなぁ~」
というような写真やイラスト、言葉などを
雑誌やチラシなどから切り取ります。
「普段読まない雑誌だからいいかも~」と
いう意見も。なるほど~!
実は今までのワークショップで色んな人からいただいた雑誌が混ざっています。

kokoeho1.jpg

切り取ったものを組み合わせて
ページを作っていきます。
頭で考えません。
なんとな~く作っていきます。

kokoeho2.jpg

このコラージュという手法は、
絵を描くのが苦手な人も入りやすいので、
アートセラピーの世界などでも取り入れられています。

わざわざページのある絵本にしたのは
「いろんな感じ」が作れるから。
あるページは静かな感じ。
他のページは、カラフルでにぎやかとか。
人には、いろんな側面があると思うので、
それぞれのページを作ることで
それが出やすくなったらと。

kokoeho3.jpg

おしゃべりをしながら、時には集中して静かに・・・

kokoeho4.jpg

ゆっくり作るのもいいのですが、
考えすぎちゃったりするので、
あえて短めの時間にしています。
「時間がないから考えてる暇がなくて、
直感で選ぶのがいい」と言う参加者さんも。
様子を見ながら、1時間ほど制作してから、
分かち合いの時間を持ちました。

kokoeho6.jpg

kokoeho5.jpg

それぞれがバラバラで、本当におもしろい☆
自分の表現を言葉でも説明できる人と、
何となくこうなりましたーって人と。

kokoeho7.jpg

言葉にできる人は
一度自分の状態を頭で言語化してから、
どう表現していくか構成していく感じでした。

が、後日その人からのメールで
「でも、本当に言葉で説明した通りかな?
と思えてきた。深層心理は分からないかも」
なるほど、日常生活ではぼんやり理由なく
感覚で選ぶという機会は意外と少なく、
コミュニケーションも頭で言語化することの
方が多いのでしょうね。
体で感じる感覚より、考えたことを優先する。
そういう情報社会で生きているということなのかもしれません。

説明が難しい人は、
本当に何も考えず選んだらこうなった
という感じです。
「自分が作ったのではないみたい!
だけど、気に入った!」と。
貼っているうちに、勝手に手が動き、
勝手にテーマが生まれている人もいます。

私個人の感想としては……
以前から知っている方でも今回のえほんでは
言語で出会う時とは違う感じがありました。
「表現しよう」って出てきた表現ではなく、
にじみ出てくる「その人」。
普段言葉での対話に頼りがちだけど、
案外言葉だけで表現できることは
限られているのかもしれないなぁ。
頭優先ではなく、五感を開く。

ワークショップ後は、みんなで持ち寄りお昼ごはん。

kokoeho8.jpg

今日お誕生日の方もいらしたので、
みんなでお祝いしました。
これからの「表現ラボ」が
私自身もとても楽しみです!

カオリン
posted by booka at 21:14| 日記 | 更新情報をチェックする