2018年03月09日

めぐみと森のようちえん「アートの日」2月レポート

2月28日にめぐみと森のようちえん
「アートの日」に行ってきました。
ぶーちゃんとカオリン2人そろってははじめて。

テーマを決めて準備した前回とは違って、
今回は一部屋をアトリエのようにして、
材料を色々置いて、
私たちがその時作りたいものを作っていて
子どもが入りたくなったら参加してもらうって感じにしてみました。

2-2.jpg

まんまプレイスさんの押入れに眠っていた
いろんな材料たち。
端っこが色変わりつつある画用紙とか。
なぜか大量の割り箸に毛糸たち。

それで、こんな事になりました!

2-3.jpg

ぐるぐる~ってしたくなって、
ぐるぐるしながら、毛糸をあちこちに。
部屋の中だけど、ちょっぴりジャングルみたい。

2-5.jpg

電車好きのともくんがケーブルカーだ~電車だ~って。
工作好きのぶーちゃんが作ってくれたり。
みんなでも作ってみたり。

2-4.jpg

最後に朝の会の話を少し。
いつも、めぐみと森のようちえんでは、
手遊び歌を歌ってからぽぽさんが
絵本を読んでくれるのですが、
今日の絵本はおもしろかったなぁ~。
「はんたいえほん」
はやいーおそい・たかいーひくいなど…
みんなでひとしきり突っ込みながら、
読み終える寸前・・・最後の見返しが…!
気になったら読んでみてね。(笑)

2-1.jpg

あともう一冊(題名をわすれました…)を、
ともくんが「うしろのページから読んで」と。
それが何というかぴったりだったんです。
何にぴったりって分からないんだけど。
海で泳いでいたイワシが捕まって、
男の子に食べられるまでのお話なんですが。
ともくんの感覚っていうか、直感っていうか
それにほれちゃったカオリンでした。

posted by booka at 16:14| 日記 | 更新情報をチェックする